Hitachi Group's Human Rights Policy

... The Responsibility to Respect Human Rights 

Hitachi strives to meet its responsibility to respect human rights by not infringing on human rights and addressing negative human rights impacts with which the company may be involved through its operations and business relationships. Hitachi understands human rights to be, at a minimum, those outlined in the International Bill of Human Rights and the International Labour Organization’s Declaration on Fundamental Principles and Rights at Work. The responsibility to respect applies to all officers and employees of Hitachi, Ltd. and its consolidated subsidiaries. Hitachi expects its business partners and other parties whose own impacts may be directly linked to Hitachi’s operations, products or services to respect and not infringe upon human rights, and will respond appropriately where they are not respecting human rights.

Relationship to Hitachi’s Values and Policies

Hitachi is aware that as a business enterprise it is a member of society and can contribute to creating an environment in which human rights are respected. Meeting the responsibility to respect human rights is key to operating as a responsible business, and is accepted to be a baseline expectation for all companies. It is an expression of Hitachi Group’s Mission and Vision. This policy supplements the Hitachi Group Codes of Conduct and CSR policy.

Implementing the Responsibility to Respect Human Rights

Hitachi is committed to meeting the responsibility to respect human rights through implementing the UN Guiding Principles on Business and Human Rights. Hitachi will develop and implement on going human rights due diligence. Due diligence processes will include identifying and assessing potential and actual human rights impacts,
and taking appropriate action to prevent or mitigate risks. The processes will also entail tracking to ensure the effectiveness of Hitachi’s actions to address impacts and risks. To account for how Hitachi responds to potential and actual human rights impacts, the group will also develop and implement processes to communicate its findings externally. Where Hitachi identifies that it has caused or contributed to a negative human rights impact, the company will provide for or cooperate in legitimate processes to provide remediation. ...

 

Get RSS feed of these results

All components of this story

Article
3 November 2014

Hitachi Group's Human Rights Policy

Author: Hitachi

Read the full post here

Item
+ 日本語 - Hide

Author: 日立グループ

人権尊重に対する責任

日立は、人権を侵害しないこと、また、事業や取引上の人権に対する負の影響に対応することで、人権尊重の責任を果たすことをめざします。私たちは「国際人権章典」および国際労働機関(ILO)の「労働の基本原則および権利に関する宣言」に記された人権を、最低限のものとして理解しています。人権尊重の責任は、日立製作所およびその連結子会社のすべての役員と従業員に適用します。さらに、ビジネスパートナーやその他の関係者による人権への負の影響が、日立の事業、製品またはサービスと直接つながっている場合、日立は、これらのパートナーに対しても、人権を尊重し、侵害しないよう求めていきます。また、そうした当該者が人権を尊重していない場合には、日立は適切に対処していきます。

日立の価値観・方針との関係

日立は、私たちが社会の一構成員であり、人権が尊重される環境づくりに貢献できると信じています。人権尊重の責任を果たすことは、企業として活動上不可欠であり、すべての企業に当然期待されるべきことと理解しています。この人権方針は、日立の企業理念および日立グループ・ビジョンに基づいて、この責任をここに表現するものであり、日立グループ行動規範および CSR 活動取り組み方針を補完するものであります。

人権尊重の責任の遂行

日立は国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」の実行を通じて、人権尊重の責任を果たすことを誓います。このために、日立は人権デュー・ディリジェンスの仕組みを開発し、これを継続的に実施していきます。人権デュー・ディリジェンスには、潜在的または実際の人権への影響を特定して評価することやリスクを防止または軽減するための措置を講じることが含まれます。日立は、人権への影響やリスクに効果的に対処するため、こうした措置の効果を継続的に検証していきます。また、潜在的および実際の人権への影響に対する日立の対応についての説明責任を果たすため、日立グループは検証結果を公開していくための手順を開発して参ります。また、日立が人権に対する負の影響を引き起こした、あるいはこれに関与したことが明らかになった場合、社内外のしかるべき手続きを通じて、その救済に取り組みます。

(原文より引用)

Read the full post here