Japan: Casio adopts human rights policy

[from Casio website] Casio Computer Co., Ltd. has established the Casio Group Policy on Human Rights effective July 1, 2014.  In 2013, Casio revised the Casio Group Code of Conduct in order to accommodate rising expectations from international society for corporate activities to incorporate the philosophy of respect for human rights. As part of this effort, Casio stepped up its human rights initiatives and included a new provision that clearly states its support and respect for international norms on human rights as stipulated in the Universal Declaration of Human Rights.

Get RSS feed of these results

All components of this story

Item
29 July 2014

Establishment of the Casio Group Policy on Human Rights

'Casio, as a contributing member of society,  recognizes the importance of human rights and hereby declares that it will respect the fundamental human rights of all stakeholders, including employees. Casio implements human rights initiatives in accordance with the United Nations Guiding Principles on Business and Human Rights. These principles contain clear provisions on the "state duty to protect human rights," "the corporate responsbility to respect human rights," and "access to remedy."' (From the Casio Group Policy on Human Rights.)

Read the full post here

Item
+ 日本語 - Hide

カシオ計算機株式会社(以下、カシオ)は、7月1日付で「カシオグループ 人権尊重に関する基本方針」を制定しました。

カシオは、国際社会からの企業活動における人権尊重への要請の高まりに応えるため、昨年、「カシオグループ倫理行動規範」を改定。「世界人権宣言」等の人権に関する国際規範を支持、尊重することを新たに明示するなどして、人権尊重への取り組みを強化してきました。

カシオでは今後、さらにグローバルな事業展開を進めていくにあたり、グローバルレベルで人権尊重のガバナンスを機能させることが重要であると考えています。 そのため、人権尊重の社風を確立し、人権尊重の責任を全うするための基礎として、また、社内外ステークホルダーへカシオの人権に対する配慮とコミットメントを示すため、本方針を制定しました。

本方針では、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、人権尊重の取り組みを推進していくこと、また、人権デュー · ディリジェンスの仕組みを構築した上で、継続的に実施していくことなどを定めています。

(カシオのホームページより)

🚫Read the full post here