Japan: Panasonic to recognize same-sex partnerships

The Japanese company Panasonic has announced that it will recognize same-sex partnerships as marriages for the purposes of company benefits.

[English summary of Japanese article, produced by the Business & Human Rights Resource Centre] 

Get RSS feed of these results

All components of this story

Article
+ 日本語 - Hide

Author: 毎日新聞

パナソニックは社内ルールを変更し、4月から同性カップルを結婚に相当する関係と認める方針を固めた。社員の行動指針も見直し、「LGBT」(性的少数者)を差別しない姿勢を明確化する。社内から要望があったほか、同社が国際オリンピック委員会(IOC)の最高位スポンサーで、五輪憲章が「性的指向による差別禁止」を掲げていることも後押しした。国内の企業では先進的な取り組みで、他企業に広がる可能性がある。

Read the full post here