Hide Message

Updating the Resource Centre Digital Platform

The Business & Human Rights Resource Centre is at a critical point in its development. Our digital platform is home to a wealth of information on business and human rights, but hasn’t had a visual refresh for a number of years.

We will soon be updating the site to improve its usability and better serve the thousands of people that use our site to support their work.

Please take an advance peek at our new look, and let us know what you think!

Thank you,
Alex Guy, Digital Officer

Find Out More Hide Message

Nigeria: Oil Palm Plantation company accused of human rights violations, forceful evictions amongst others, incl. company response

Okomu Oil Palm Plantation Plc, which produces of the renowned and sought after Banga Palm Oil and quality NOKO10 rubber brands has been accused of environmental despoliation, obnoxious act against the indigent population, excruciating poverty, unemployment, human rights violation, forceful eviction and imminent extermination of Okomu Kingdom and her people. The company is said to be responsible for forceful evictions and that as recently as May 2020 another village Ijaw-Gbene in Okomu Kingdom was burnt down by the management of OOPC, lead by Mr Kingsley Adeyemi a security attached to OOPC. This arsonist attack came on the heels of several treats by Mr Asemota the head contractor on security for the company. The attack was made possible by a joint effort of the company security lead by Kingsley Adayemi and the Nigerian army attached to the company rendering the local farmers and fisher men homeless with all their properties destroyed. Further Okumu Oil  plantation is said to have left over 80 persons who were living in the village homeless, and squatting in neighboring communities and churches thus exposing them to corona virus attack.

Get RSS feed of these results

All components of this story

Company response
+ 日本語 - Hide

Author: Okomu Oil Palm Company

[日本語翻訳記事提供: 経済人コー円卓会議日本委員会]

我々のよく知っているAjele長官のブログに注目していただき、ありがとうございます。彼は我々の会社や政府、その他に対し、何年にもわたって多くの偽りの申し立てと中傷をおこなってきましたが、そのいずれも証拠がなかったため、すべて拒否または無視されてきました。最近の彼の中傷的な激しい非難は、そのよい例です。

彼が書いた2020年6月のブログに応えて、我々の会社は、どの陣営に属するどんな家も焼き払ったことはないと、もう一度お伝えします。Ajele氏がIjaw-Gbeneと名付けている村の存在を我々が知らないというのも奇妙です。なぜなら我々は、プランテーションを取り巻くすべてのコミュニティについて知っていますので(添付の衛星写真をご参照ください)。またもしも、当社が「地域社会に対するさらなるテロ攻撃」の首謀者であるならば、なぜ、これらのコミュニティは、こうした事件について、過去においても、そして、今回申し立てられた最新の事件の後も、警察に通報していないのでしょうか?私たちは、今回申し立てられた事件に関してだけですでに2ヶ月近く、我々の会社が彼らに対するテロ攻撃をしていると主張するAjele氏およびいずれかのコミュニティからの訴えに関する、警察による事件整理を待ち続けています。1976年以降、同じ土地に合法的に置かれている(当社のウエブサイトに掲載されている入居証明書と地図をご覧ください)法律を遵守する上場会社として、我々は、これまでに誰一人として土地から強制的に追い出したり、何一つ建物を焼き払ったり、どんな森林破壊もしたことはないと、さらに強調しておきます。実際、持続可能なパーム油に関する円卓会議(RSPO)のメンバーとして、当社は認証を取得するために、義務とされている高い保全価値と高い炭素貯蔵(HCV/HCS)に関する評価を受けることを義務付けられただけでなく、RSPOが、その後も当社が森林破壊を起こさず、政府あるいは共同体の土地の境界をこえておらず、HCVを除去したりせず、焼き払ったり誰かを強制的に追い出したりしていないことを確認するために、衛星技術を利用した土地利用変化分析(LUCA)を受けることを義務付けられました。それぞれの独立した環境、公的社会およびコミュニティへの影響評価(ESIA)に沿ったこれらの分析は、RSPOのALSウエブサイトから閲覧できます。RSPO登録番号は1-0269-19-100-00です。

加えて、企業の社会的責任(CSR)プロジェクトがすべて掲載されている、当社のウェブサイト(www.okumunigeria.com)もご覧ください。そこでは、Ajele氏が、我々が焼き払ったと非難した村々の一つであるアグベデキャンプに、当社が最近、地下水汲み上げ井戸を建設さえしていることを見ることができるでしょう。さらにいえば、(Ijaw-Gbeneとは異なり)我々がよく知っているアグべデ、レーモン、オワイケといったキャンプは、今日でも、利用可能なその地域の衛星写真にはっきりと写っています。当社がこれらのキャンプを焼き払ったというAjele氏の主張を、改めて、断固として否定いたします。この点に関して、最近の衛星写真のコピーも確認のためご覧いただければと思います。この写真には、オコム川に沿った当社の境界と、当社によって焼き払われたと申し立てられているそれぞれのキャンプが、まだはっきりと写っています。最近名付けられたキャンプ群もまた、当社の所有物ではなく、違法ではありますが、実際には居住しており、場合によっては添付の写真に示すように、オコム川を渡り隣接する連邦政府の森林保護区あるいはオコム国立公園にまたがっています。

Ajele氏独自のオコムコミュニティは、オコム川に沿って我々の所有地の25km下流にあり、当社に対する彼の進行中のレトリックにも関わらず、過去において、当社の進行中のCSRプロジェクトである奨学金と青少年育成計画の受益者でもあったことも、当社のウェブサイトで確認していただけます。

ちなみに、先に述べたRSPO認証とは別に、当社は現在、ISO9001:2008、ISO14001:2015、OHSAS18001:2007の認証を受けており、人権とコミュニティの権利の擁護者であることを誇りに感じています。実際、我々がこれまでに受賞した賞がそれを物語っています。2014年と2015年に、NAAによるCSR Company of the yearの受賞歴があり、2019 Capital Finance Internationalの「ベストコミュニティインパクトCSRプログラム‐ナイジェリア2019」でファイナリストになりました([email protected] あるいはwww.cfi.coをご参照ください)。

結論として、Ajele氏が書かれた当社に対するブログの内容には、実質的な証拠が何もないということに、もしまだご満足いただけないようでしたら、ご不明な点についてお気軽にお問合せください。あなたの疑問にお答えできると思います。また、ジャーナリストの方々が当社を訪問されることを歓迎いたします。武装勢力のために安全が脅かされつつある中、我々の影響が及ぶ地元の29のコミュニティの生活をよりよいものにすべく、少しずつ変化させていくのに我々がどれだけ忙しいかをお見せできればと思います。あるいは、あなたの疑問に対する我々の説明に完全に満足し、問題は解決した、という確認書をお送りくださることを期待しています。 

敬具

Dr Graham Hefer

取締役社長

Download the full document here

Item
16 July 2020

Communities bordering Okomu's southern boundary

Author: Map provided by Okomu

Map of the communities bordering Okomu's southern boundary

Article
15 July 2020

Nigeria: Okomu Oil Palm Plantation company accused of human rights violations

Author: Chief Ajele, Farm Land Grab

‘Another terror attack on local communities by Okomu Oil Palm Plantation Plc’ 16 June 2020

The case of Okomu Kingdom playing host to Okomu Oil Palm Plantation Plc has brought in its wake a myriad of problems; environmental despoliation, obnoxious act against the indigent population, excruciating poverty, unemployment, human rights violation, forceful eviction and imminent extermination of Okomu Kingdom and her people. The government of Edo State share joint responsibilities for these negative situation. Since they negotiated a contract that was faulty from the beginning and cannot be implemented without violating the rights of the Community people. Hence the company often boasts that it has a certificate of occupancy, therefore it can go on and on to destroy without any liability. 

...Just recently on the 20th of May 2020 another village Ijaw-Gbene in Okomu Kingdom was burnt down by the management of OOPC, lead by Mr Kingsley Adeyemi a security attached to OOPC. This arsonist attack came on the heels of several treats by Mr Asemota the head contractor on security for the company. The attack was made possible by a joint effort of the company security lead by Kingsley Adayemi and the Nigerian army attached to the company rendering the local farmers and fisher men homeless with all their properties destroyed. The over 80 persons who were living in the village are now homeless, and are squatting in neighboring communities and churches thus exposing them to corona virus attack.

…Several efforts made by Environmental Right Action, Friends of the Earth, Coalition of Civil Societies to mediate were all thrown into the dustbin without a response from the government and company even after the protests march on June 21st, 2017. In 2015, the Commander of Joint Task (JTF) Niger Delta, Major General Atewe made several attempts to reason with OOPC but to no avail. In fact when Major General Atewe visited Okomu Community he was touched by the sorry state of underdevelopment of the community. He immediately donated a borehole water and one hundred bundles of wrapper (fabric) to the women which was delivered by Col Balarabe, but Major General Atewe was retired suddenly. It was Major General Atewe who restored our dignity partially.

Read the full post here

Company response
15 July 2020

Response to article concerning Okomu Oil Palm Company Plc

Author: Okomu Oil Palm Company

Okomu Oil Palm Company's response

Download the full document here