Hide Message

Updating the Resource Centre Digital Platform

The Business & Human Rights Resource Centre is at a critical point in its development. Our digital platform is home to a wealth of information on business and human rights, but hasn’t had a visual refresh for a number of years.

We will soon be updating the site to improve its usability and better serve the thousands of people that use our site to support their work.

Please take an advance peek at our new look, and let us know what you think!

Thank you,
Alex Guy, Digital Officer

Find Out More Hide Message

This piece of content is part of a larger story, but that story is not available in your language. We do still recommend you read this content in the context of this story:

新しいレポートは、COVID-19パンデミックに際して使用された接触者追跡ソフトウェアの人権への影響を分析します

Author: Maria Pia Sacco, Prof. Martijn Scheltema, Dr. Theodora A Christou, Anurag Bana, International Bar Association, Published on: 30 July 2020

[日本語翻訳記事提供経済人コー円卓会議日本委員会]

Covid-19流行におけるデジタル・コンタクト・トレース:ビジネスと人権の視点」202065

2020311日、世界で294,000を超える症例が発生したCovid-19は、世界保健機関(WHO)によりパンデミックと宣言されました。世界は地球規模の健康的・社会経済的危機に直面しており、各国政府はこの緊急事態に対処するために前例のない対策を採用しています。

これらの対策は、地理的位置確認アプリ、顔認識、検疫を施行するためのAIベースのソフトウェアなどの新しいテクノロジーによってサポートされています。これらの多くは緊急立法によって可能になり、人権と基本的な自由に重大な影響を与える可能性があります。これらはデータ集約型のツールであり、プライバシーに対する権利は明らかに制限されていますが、すべての人権が影響を受ける可能性があります。政府の不適切な利用(虐待)を制限するために、プライバシー権の制限は法の支配を尊重し、人権法によって設定された条件を満たす必要があります。 WHO自体は、人権対応の措置がパンデミックの被害抑制の目的のために効果的かつ必要十分な範囲に限定されるよう制限するフレームワークの必要性を認めています。

このような活動は、プライバシー権を含む一部の人権に制限を課すことがあります。このような「通常の」制限は、特定の条件が満たされた場合に許可されます。緊急時の権限と特例措置は、「通常の」制限が規定の目的を達成するのに十分でない場合にのみ許可されます。これにより、特定の条件が満たされている限り、国は特定の権利を無効にすることができます。

このホワイトペーパーでは、接触者の追跡と監視をサポートする3つの異なるテクノロジーについて説明します。

中国で採用されたQuick ResponseQR)コードに基づくアプリ。
韓国で採用された、地理位置情報に基づくアプリ。

•Bluetoothに基づくアプリ。シンガポールで採用され、現在EUで検討されている同様のモデル。

Read the full post here