本記事は下記の事案(日本語以外の言語)と関連しています。下記と一緒にご参照ください。

ノルウェー:政府が任命した委員会が人権の透明性とデューデリジェンス規制を提案

作者: エティック Etikkinformasjonsutvalget, 発表日: 20 December 2019

[日本語翻訳記事提供: 経済人コー円卓会議日本委員会] 

「2018 年 6 月 1 日にノルウェー政府が任命した倫理情報委員会からの報告」2019 年 11 月 28 日

委員会は、本報告書により、サプライチェーンに関する透明性と、人権および適正な仕事に関するデューデリジェンスの内容を知る権利を規定する法律を勧告します...

...まず最初に、政府は、ノルウェーのすべての企業が責任を持って行動することを期待していま す...多くの企業がこれらの目標を追求しています。それでも経験から、企業の説明責任を必要なレベルに引き上げるには、自発的なコンプライアンスだけでは不十分であることが示されています...

すべてのビジネスについて、委員会は特定の情報に関する問い合わせに対応する義務を提案しま す。すべての企業に、会社およびサプライチェーンにおける人権問題について知っておく義務があります。...

大規模な事業の場合、法案は人権と適正な労働条件に関するデューデリジェンスの内容、およびその主要な調査結果を開示するための要件を必要とします。これは、特定の問い合わせに対応す る義務に加えて求められるものです。

...さらに、消費者に商品を販売する企業の場合、同法はそのような商品の製造拠点の公表を義務 づけることを提案しています。...

[委員会のノルウェー報告書(抜粋)の草案翻訳-正式版が入手可能になり次第追加されます]

もとの記事を全部読みたい。

ドキュメントをダウンロードしたい。