abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English, français,

ブリーフィング

2022年6月14日

アフリカに迅速で公平な再生可能エネルギーを:ケニアの事例から学ぶ

Shutterstock (purchased)

アフリカでは、持続的なエネルギー貧困に対処し包括的で公正かつ持続可能なエネルギー転換を推進するため、再生可能エネルギー分野における加速的に成長する可能性を認識していると同時に、多くの国々が再生可能エネルギーの導入に踏み切っています。これらの目標の達成に向けて、アフリカの再生可能エネルギーのバリューチェーンは、電気バッテリー、風力タービン、太陽光発電設備などの再生可能技術に不可欠なコバルト、亜鉛、銅、マンガンなどのアフリカの移行鉱物の抽出から再生可能エネルギー設備自体まで、大規模な投資を行う態勢が整っています。

本報告では、再生可能エネルギーへの迅速かつ公平な移行を達成し、無責任な取り組みによってコミュニティや労働者に悲惨な状況をもたらす移行の遅延や中断を回避する方法について、アフリカに豊富な教訓をもたらすケニアのケーススタディに注目します。これらの事例はケニアにおける再生可能エネルギー施設に関するもので、周辺地域や影響を受けるコミュニティでの権利侵害、生計手段の喪失、先住民族の「自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意」(FPIC)の問題と関連しています。特筆すべき点は、抗議行動が結果的にはプロジェクトの遅延につながり、投資家に現実的かつ直接的な影響を及ぼしていることです。

エネルギーの転換が地域社会に共通の繁栄をもたらし、企業の社会的責任の遂行を可能にし、投資家に安定した利益を与え、持続可能なアフリカのクリーンエネルギー部門の発展のために絶好の機会を提供するためには、再生可能エネルギーの投資家と企業が人権に関する責任を果たすことが不可欠です。

投資家への提言

  • 人権と環境に関する厳格なデューディリジェンスを実施し、投資先が過去に人権侵害に関与していないことを確認します。
  • 人権擁護者に対する攻撃を含め、人権や環境に対する被害を引き起こし、関与し、または直接的に関係している投資先企業に圧力をかけます。それにより、企業が迅速に被害を軽減し、被害を受けた人々に救済へのアクセスを提供するよう働きかけます。投資先企業のために、企業や政府を通じてコミュニティから土地を取得した場合、投資家は、そのような土地の取得が人々の生活を脅かすものではないこと、そして提供される補償が公正かつ迅速であることを確認する必要があります。
  • 先住民族コミュニティが影響を受ける場合、投資家は投資先企業に対し、事業のあらゆる側面においてFPICの権利を含む先住民族コミュニティの権利を尊重するよう求めるべきです。これには女性と生活を守るための特別な措置が含まれなければなりません。
  • 投資先企業がプロジェクトに関連する人的・環境的リスクの緩和・是正措置を講じ、虐待を防止し、法的・財務的・規制的リスクを回避するために、投資家は投資先企業と定期的に連携します。
  • 投資家と投資先企業を含むすべての再生可能エネルギー投資に対して、UNGPsと最新の公式ESG基準に合致する人権基準を定め、公表します。
  • 長期的な価値と安定した事業の発展を構築するために、コベネフィットモデルとコオーナーシップモデルの双方に取り組む企業を支援します。
  • 売却は最後の手段として行い、虐待や被害を避けるために人権や環境デューディリジェンスを含む出口戦略を取ります。