本記事は下記の事案(日本語以外の言語)と関連しています。下記と一緒にご参照ください。

日本:カシオグループ、「人権に関する基本方針」を制定

カシオ計算機株式会社(以下、カシオ)は、7月1日付で「カシオグループ 人権尊重に関する基本方針」を制定しました。

カシオは、国際社会からの企業活動における人権尊重への要請の高まりに応えるため、昨年、「カシオグループ倫理行動規範」を改定。「世界人権宣言」等の人権に関する国際規範を支持、尊重することを新たに明示するなどして、人権尊重への取り組みを強化してきました。

カシオでは今後、さらにグローバルな事業展開を進めていくにあたり、グローバルレベルで人権尊重のガバナンスを機能させることが重要であると考えています。 そのため、人権尊重の社風を確立し、人権尊重の責任を全うするための基礎として、また、社内外ステークホルダーへカシオの人権に対する配慮とコミットメントを示すため、本方針を制定しました。

本方針では、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、人権尊重の取り組みを推進していくこと、また、人権デュー · ディリジェンスの仕組みを構築した上で、継続的に実施していくことなどを定めています。

(カシオのホームページより)

もとの記事を全部読みたい。

関連する企業: Casio