abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です。: English

ストーリー

インドネシア・マレーシア:世界的な化粧品ブランドのサプライチェーンでパームオイル生産に従事する女性労働者がレイプや暴力が蔓延する危険な労働環境で働かせられているとAP通信が報道

パームオイルを製造するインドネシアやマレーシアのプランテーションで働く女性が、身体的および性的虐待の被害に遭うだけでなく危険な化学物質に曝露しているなど、劣悪な労働環境で働いていることがAP通信の調査で明らかになった。調査報告によれば、エイボン、カーギル、クロロックス、コルゲート・パーモリーブ、コティ、エスティローダー、ジョンソンアンドジョンソン、カイリーコスメティックス、ロレアル、プロクター・アンド・ギャンブル、そしてユニリーバがこれらのプランテーションで製造されたパームオイルを購入している。

ビジネスと人権リソースセンターは、上記の企業に対して報告書への回答を求めた。エイボン、カーギル、クロロックス、コティ、エスティーローダー、ロレアル、そしてユニリーバは回答を提出した。それらは以下のリンクに掲載されている。

また、FGVホールディングスバーハッド(FGV Holdings Berhad)、ロンドンスマトラ(London Sumatra)、サイムダービー(Sime Darby)といった報告で言及のあるプランテーションにも回答を求めたところ、FGVホールディングスバーハッドが回答している。回答は以下のリンクに掲載されている。

企業への回答リクエスト

Cargill 回答を見る
L'Oreal 回答を見る
Estée Lauder 回答を見る
Unilever 回答を見る
FGV Holdings Berhad 回答を見る
Colgate-Palmolive

ノーレスポンス

Johnson & Johnson 回答を見る
Kylie Cosmetics

ノーレスポンス

Procter & Gamble 回答を見る
London Sumatra

ノーレスポンス

Sime Darby

ノーレスポンス

Story Timeline