abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English, Deutsch, français,

ストーリー

ウイグル族の強制労働から利益を得たとして、NGOがヒューゴ・ボス社、リドル社などをドイツで告訴

2021年9月5日、欧州憲法人権センター(ECCHR)は、ヒューゴ・ボス、リドル、その他のドイツのブランドや小売業者に対して、ドイツで刑事告訴を行った。これは、企業が中国の新疆ウイグル自治区における少数民族ウイグル族の強制労働の疑いを直接的または間接的に教唆し、利益を得ており、したがって人道に対する罪に関与している可能性があると主張している。

2021年4月、ECCHRは、Sherpa、Collectif Ethique sur l'étiquette、Uyghur Institute of Europe、およびウイグル族の被害者がフランスで提起した同様の訴えを支持した。

Story Timeline