abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

記事

オランダ裁判所、2030年までにCO2排出量を45%削減するようロイヤル・ダッチ・シェル社に命令

[Court orders Royal Dutch Shell to cut carbon emissions by 45% by 2030] 2021年5月26日

[ 英文和訳:ビジネスと人権リソースセンター ]

オランダ・ハーグの裁判所は、フレンズ・オブ・ジ・アースと17,000人以上の共同提訴人が起こした画期的な訴訟において、ロイヤル・ダッチ・シェル社に対し、2030年末までにShell社全体のCO2排出量を2019年比で45%削減するよう命じた。

この判決は、エネルギー産業や他の汚染を引き起こす多国籍企業に大きな影響を与える前例のないもので、オランダの裁判所は、石油会社の持続可能性に関する方針が十分に「具体的」でないと判断した。

裁判所は、英蘭系の同社は注意義務を負い、シェル社、サプライヤーおよびバイヤーの排出削減レベルをパリ協定に沿ったものにすべきだと述べた。

[...] フレンズ・オブ・ジ・アース・オランダのディレクター、ドナルド・ポルスは、この決定を「歴史的勝利」と表現した。

[...]シェル社 に対しては、代替手段を講じることができるにもかかわらず、他人に危険を及ぼすことにより、オランダ民法第6条162項に違反し、欧州人権条約第2条および第8条(生命に対する権利および家族生活の尊重を受ける権利)に違反していると主張されていた。

裁判所は、オランダ国内法と条約の両方の下で義務があったとし、会社はCO2排出による損害について「長期間」把握していたと判断した。

[...]シェル社の広報担当者は次のように述べた。

「当社は、電気自動車の充電、水素、再生可能エネルギー、バイオ燃料などの低炭素エネルギーに何十億ドルもの投資を行っている。私たちは、これらの製品の需要を拡大し、新エネルギー事業をさらに迅速に拡大したいと考えている。今後もこれらの取り組みに注力し、本日の残念な判決を不服として控訴するつもりである。」

Story Timeline