abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English

記事

2022年10月25日

著者:
Tess McClure, Guardian (UK)

ニュージーランド:裁判所、ウーバーのドライバーを支持し、ドライバーは従業員であると判決

Agência Alagoas

[New Zealand Uber drivers win landmark case declaring them employees] 2022年10月24日

[ 英文和訳:ビジネスと人権リソースセンター]

ニュージーランドのウーバードライバーのグループは、世界的なライドシェアリング企業である同社に対して画期的な勝訴を収め、契約社員ではなく従業員として扱うよう同社に迫り、一連の労働者の権利と保護が与えられることになった。

ニュージーランドの雇用裁判所は火曜日、ドライバーは独立した請負業者ではなく、従業員であるという判決を下した。この判決は、特に4人のドライバーのケースに適用されるものだが、裁判所は、国内全域のドライバーに広く影響を与える可能性があると指摘した。

裁判所は「雇用形態についてより広範な宣言をする管轄権を持っていない」ため、すべてのウーバーのドライバーは「この判決の結果、即座に従業員になるわけではない」とクリスティーナ・イングリス裁判長は書いている。

しかし、彼女は「特に今回のように、各社の運営方法やドライバーの雇用の枠組みが明らかに統一されている場合には、より大きな影響を与える可能性がある」と続けた。

雇用形態は、ニュージーランドの最低限の雇用に関する権利の大半を支える基盤である。[...]

この訴訟はファーストユニオンとE tūユニオンが共同で行っていたもので、両ユニオンは火曜日、この判決を歓迎した[...]

判決を踏まえ、[...]ファースト・ユニオンは現在、ウーバーのドライバーをメンバーとして受け入れており、団体交渉の開始に向けて動き出している。

この訴訟で代表を務めたウーバードライバーの一人であるプラフル・ラマ氏は、声明の中で、「ついに、ウーバーのドライバーに正義がもたらされる。これにより、ドライバーはウーバーの支配下に置かれるだけでなく、発言権を持つことになる」と述べた。[...]

ウーバーのスポークスパーソンは、同社は「失望した」と述べ、この決定に対して上訴する予定であると述べた。ニュージーランドのドライバーが従業員資格を持つことが、より広く同国での同社の事業に影響を与えるかどうかについては、「推測するには時期尚早」だという。

この決定は、労働者が雇用の権利を求めてギグ・エコノミー企業を裁判所に訴えた一連の国際的な事例を踏襲したものである。[...]