abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English

ストーリー

2022年4月25日

バングラデシュ:ラナ・プラザの崩壊から9年、生存者の健康状態は悪化、労働者団体はブランドに対して国際協定への署名を呼びかけ

全てのタグを見る

2022年4月24日は、少なくとも1,134人が死亡し、2,000人以上が負傷したバングラデシュのラナ・プラザ崩壊事故から9年目にあたる。9年後に行われた調査では、パンデミックにおいて生存者の心身の健康状態が悪化しており、65.5%が体調が悪化したと回答し、48.5%が今もトラウマを抱えていると回答していることが明らかになった。また、パンデミック中の労働者は生活に苦しんでおり、90%が経済的な支援を受けることができなかったという。

倒壊事故の生存者や遺族は抗議活動を行い、長期補償やリハビリなど6つの要求を呼びかけた。また、この倒壊事故に関して起こされた殺人事件の審理が遅れており、これまでに594人のうち1人しか証言していないことに不満を表明した。

UNIグローバルユニオン (UNI Global Union) やIndustriALLなどの労働団体やグローバルユニオンは、バングラデシュの衣料品産業における工場の安全性を改善するために、崩壊事故を受けて2013年に設立された国際協定の作業を継続・拡大する法的拘束力のある協定「 繊維・縫製産業における健康と安全のための国際協定 」に署名するようブランドに呼びかけている。国際協定は、プログラムを他の国にも拡大することで、その活動をさらに広げようとしている。

タイムライン