abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

記事

10 11月 2021

著者:
EarnGurus

ブラジル:労働検察庁がUber、Rappi、99、Lalamoveに対して、すべてのドライバーを正式な従業員として認識させるための訴えを提起

Agência Alagoas

[MPT defends the employment of drivers with 99, Uber and Rappi – Legislation – Tecnoblog] 2021年11月10日

[ 英文和訳:ビジネスと人権リソースセンター ]

[...]ドライバーや自営業の配達員との雇用関係は、99、Uber、Rappi、Lalamoveが認めなければならない。これは、労働関係における不正行為を理由に各企業を提訴した労働検察庁(MPT)の認識である。同庁はまた、これらのアプリケーションの名のもとにすでに活動している人々のために、健康と安全に関する労働条件の改善を要求している。

MPTは、99、Uber、Rappi、Lalamoveを提訴することで、アプリケーション会社が雇用関係を認めるだけでなく、自営業者の労働、保険、社会保障の権利を保証することを求めている。さらに、これらのプラットフォームに登録されているドライバーや配達員の健康状態を改善し、労働関係の不安定さを軽減したいと考えている[...]。

さらに、MPTは、すべての企業が自営業者を労働許可証に登録するように企業を非難することを要請している。この場合、従わない企業は、不規則な状況にある労働者1人につき1万レアルの罰金を科せられる。また、申請者はMEIとして登録された労働者を雇用したり、保持したりしないようにしなければならない。

最後に、MPFは申請者に対し、自営業者への集団的精神的損害、ソーシャルダンピング、国庫への損害に対する補償金の支払いを要求している。罰金は、非難対象の企業の総売上高の1%未満となる。[...]