abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

記事

ミャンマーの軍事に秘密裏に資金を供給する日本の高級ビジネス開発

[日本語翻訳記事提供: 経済人コー円卓会議日本委員会]

[…]

…Y Complex、ハイエンドの商業開発[…]は、国の最大の機関の一部を含む、公的機関と民間機関による日本の資金によって支えられています。その中には、国際開発銀行のJBICや証券取引所上場の不動産会社である大和ハウスや東京建物なども含まれています。

しかし、光沢のあるベニヤの背後には流血の物語があります。Y Complexはミャンマー軍に属する土地に建てられており、国連は、ロヒンギャの人々に対する大量虐殺や他の少数民族に対する非人道の罪を犯したとして、非難されています。[…]

Y Complexプロジェクトには誰が関係していますか?

[…]日本の国際開発銀行である日本国際協力銀行(JBIC)は、東京証券取引所に上場されている三井住友銀行(SMBC)やみずほ銀行などからの融資を確保するとともに、プロジェクトに融資を提供しました。海外展開を支援するファンドである海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)は、債務保証を行い、持分も保有しています。不動産会社の東京建物は設計と建築に取り組んでおり、大和ハウスの子会社である株式会社フジタがエンジニアリングと建設を担当しています。これら2つの会社は、Y Complexが建設されている土地に以前、軍事博物館があったという事実にちなんで名づけられた、ヤンゴン博物館開発と呼ばれる特別プロジェクト会社(SPC)をシンガポールで設立しました。オークラホテルズはこのSPCと契約しています。

ここから、物事が見通しにくく曖昧になり始めます。SPCは、Yangon Technical and Trading Co. Limited(YTT)と呼ばれる会社とリース契約を結びました。YTTは、ミャンマー軍の代理として活動する一味の複合企業であるAyeyar Hintharの子会社です。Justice for Myanmarは、地代が直接、補給担当将軍のオフィスに流れるという疑いのない証拠を発見しました。[…]

[…]

Story Timeline