abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English

記事

2022年5月2日

著者:
Kyodo News

ミャンマー:ENEOS、イェタグン・ガスプロジェクトから撤退へ

[Japan energy giant Eneos to exit natural gas project in Myanmar] 2022年5月2日

[ 英文和訳:ビジネスと人権リソースセンター]

日本のエネルギー大手ENEOSホールディングスは月曜日、ミャンマーの政治的混乱のため、同国の天然ガスプロジェクトから撤退することを発表した。

ENEOSの子会社であるJX 石油開発は、このプロジェクトに参加している東京拠点の合弁会社に40%の出資をしている。

ENEOSは声明で、ミャンマーのイェタグン・ガス田の19.3%の権益を所有する合弁会社JX ミャンマー石油開発が、金曜日にこの決定をビジネスパートナーに通知したと述べた。日本政府はこの合弁会社の50%の株式を保有する筆頭株主であり、三菱商事は残りの10%を保有している。

ENEOSは、19.3%の株式を保有するJX 石油開発は、ガス田の「社会課題への対応を含めた現下の情勢、およびイェタグン・ガス田の評価に基づく事業性」を考慮したと述べている。

[...]

ENEOSの声明によると、撤退はミャンマー政府の承認を経てから有効となる。

Part of the following timelines

ミャンマー:市民社会組織、軍に関連しているとされるより多くの企業に関係を断ち切るよう要求

ミャンマー:市民社会組織、ENEOSのイェタグン・ガスプロジェクトからの撤退を慎重に歓迎し、責任ある撤退と廃坑を要求;企業見解を含む