abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

ストーリー

報告書:省を超えて工場に配属された新疆の少数民族の強制労働に大手ブランド83社の関与が示唆。企業の回答も掲載

2020年3月、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は報告書「Uyghurs for sale」を発表しました。新疆以外の「再教育」、強制労働、監視」を発表し、83の外国企業と中国企業が、潜在的に虐待的な労働力移転プログラムを通じて新疆以外のウイグル人労働者を利用することで、直接的または間接的に利益を得ていると疑われることを明らかにしました。

ASPIの推定では、少なくとも8万人のウイグル人が新疆から移送され、「Xinjiang Aid」として知られる中央政府の政策のもと、電子機器、繊維、自動車など、さまざまなサプライチェーンの工場に配属されました。報告書では、2017年以降、新疆から移送されたウイグル人労働者を使用している中国の9つの省にある27の工場を確認しました。

ASPIは、83のブランドに連絡を取り、関連するサプライヤーの詳細を確認しました。出版前に回答した企業は、関連する説明を報告書に記載しています。

ビジネスと人権リソースセンターは、Abercrombie & Fitch、adidas、Amazon、BMW、Gap、H&M、Inditex、Marks & Spencer、Nike、North Face、Puma、PVH、Samsung、UNIQLOに回答を求め、それぞれの回答を掲載しました。Apple、Esprit、Filaには回答を求めましたが、回答はありませんでした。L Brands社は、当社のWeekly Update掲載後の2020年10月に回答を送付しました。 今後も、各社の回答が届き次第、掲載していきます。

また、各社のコメントは以下のリンク先の記事でもご覧いただけます。

企業への回答リクエスト

Inditex 回答を見る
Uniqlo (part of Fast Retailing) 回答を見る
Samsung 回答を見る
PVH (Phillips-Van Heusen) 回答を見る
Marks & Spencer 回答を見る
Hennes & Mauritz (H&M) 回答を見る
North Face (part of VF Corp) 回答を見る
Abercrombie & Fitch 回答を見る
Apple

ノーレスポンス

Esprit

ノーレスポンス

Fila

ノーレスポンス

L Brands, Inc. 回答を見る
Amazon.com 回答を見る
Ryohin Keikaku Co Ltd 回答を見る

Story Timeline