abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English, français,

記事

2022年5月11日

著者:
ECCJ, BHRRC & over 220 others

EU:220以上の市民社会組織、企業持続可能性デューディリジェンス法の強化を要請

ECCJ

欧州委員会は2022年2月23日、企業の持続可能性デューディリジェンスに関する指令案を発表した。この指令案は、世界中の労働者、地域社会、環境に対する企業の悪影響を最小限に抑えるための画期的な一歩となる可能性がある。これを受けて、世界中の220以上のNGOや労働組合は、企業の説明責任、責任ある企業行動、司法へのアクセスに向けた不可欠かつ待望のステップとして、このデューディリジェンス指令案を歓迎している。

一方で、この指令案には重大な欠点があり、人々、地球、気候が緊急に必要としているプラスの影響の促進を妨げる危険性が指摘されている。人権、労働、環境の各団体およびネットワークは欧州議会およびEU加盟国に対して、世界中の企業による人権侵害の被害にあったEU市民、労働者およびコミュニティが声を大にして公的に要求している内容に沿って指令案の文書を強化するよう求めている。

今回の集団的要請のキーポイント

  • 被害者のための司法アクセスおよび権利者のための協議を強化すること
  • 企業に対する気候変動対策の義務を強化すること
  • 企業、バリューチェーン、規範の範囲を拡大すること

この共同声明は、法律が人権、環境、気候に対する企業の損害を効果的に防止し、企業による人権侵害の被害者に効果的な救済へのアクセスを受けられることを保証するために、指令案をどのように改善すべきかについての我々の集団的見解を概説している。

声明文(ドイツ語)

声明文(フランス語)

声明文(スペイン語)

声明文(オランダ語)

声明文(ポーランド語)

タイムライン