abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コロナウイルス:サプライチェーン労働者

失業や感染、労働条件の悪化の被害に遭いやすいサプライチェーン労働者への影響

雇用社会は世界的なコロナウイルスのパンデミックによって深刻な影響を受けています。公衆衛生上の危機に加えて、経済的および社会的な打撃は何百万人の人々の長期的な生活や福祉を脅かしています。特にこの悪影響を受けやすい位置にいるのが、圧倒的に女性であり、家族やコミュニティーにおいて主要なケアの提供者である、サプライチェーンの下流に位置する何百万人もの労働者だと言えます。グローバル経済にとって不可欠なこれらの労働者は、しかし、ほとんどの場合、グローバルな生産様式において目に見えない存在とされてきており、すでに貧困賃金しか受け取れず、危険な労働環境で働かせられ、社会的庇護を受けることはほとんどありませんでした。サプライチェーンにおける移民労働者もまた、不十分で密集した居住環境の下で生活していることや、厳しい封じ込め政策や差別に直面していた結果、特有のリスクを背負わせられています。エレクトロニクス部門や、食品・飲料部門などあらゆるサプライチェーンの部門で働く労働者がここに含まれます。

コロナウイルス感染拡大が全世界でサプライチェーンに影響を及ぼしており、製造現場を混乱させているかについての報道は日々増えています。アジアすべての地域からヨーロッパや中央アメリカの一部の地域にある工場は、すでに閉鎖したか、原材料不足や発注量の現象、公衆衛生上の懸念から閉鎖の危機に追いやられています。このセクションでは、失業や感染、労働条件の悪化の被害に遭いやすいサプライチェーン労働者への影響についての最新ニュースを紹介します。