abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English, français,

ブリーフィング

2022年10月25日

公正な移行を促進するための再生可能エネルギーへの投資:投資機関のための実践ガイド

Shutterstock

風力と太陽光の世界的な需要増は、特別な投資機会をもたらしますが、再生可能エネルギーセクターは、化石燃料や従来の採鉱産業を歴史的に悩ませてきた人権リスクと無縁ではありません。

投資機関は、人権を尊重する再生可能エネルギー産業が発展するよう影響を与える機会があり、同時にコミュニティへの利益とクリーンエネルギーへの公正な移行に加え、持続可能な投資を確保することができるのです。

ビジネスと人権リソースセンターの調査を基にした本ガイドは、投資機関が迅速かつ公正な移行に向け、より良い意思決定を行えるよう役立つものです。本ガイドは、今日の再生可能エネルギーセクター、特に人権擁護者(HRDs)と先住民族に関連する主要な人権リスクと影響、特に土地の権利と「自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意」への権利について説明しています。

本ガイドのケーススタディは、人権が軽視された場合、企業とその投資機関は、地域紛争やプロジェクトの遅延の結果として、重大な風評リスク、法的リスク、財務リスクに直面する可能性があることを示しています。

本ガイドは、投資機関向けに以下のような行動指針を提供しています:

  • 投資先企業のエネルギー転換に関するパフォーマンスを、人権の視点から評価する。
  • 人権および環境デューディリジェンスを実施する。
  • 積極的なオーナーシップ、スチュワードシップ、エンゲージメント戦略にコミットする。

再生可能エネルギーセクターにおける人権侵害

再生可能エネルギーセクターにおける人権侵害およびHRDsへの攻撃の申し立てに関するリソースセンターのデータ

303件

の要請を222社に実施

2010年から2021年にかけて同セクターにおける157件の個別の人権申立に関連

31%

の風力発電セクターの申立

FPICに関連

369件

の攻撃を記録

2015年から2021年にかけて、再生可能エネルギーについて懸念を示したHRDsに関連

56%

のHRDsに対する攻撃

土地の権利に関連

ガイド全文を読む(英語)

人権を尊重した再生可能エネルギー投資のための分析と提言

さらに読む

人権侵害の申立に関するデータ

再生可能エネルギーセクターにおける人権侵害の申立をダウンロード

投資機関のチェックリスト

投資機関が再生可能エネルギー企業に投げかけるべき質問とは?

投資機関への実践的なステップ

投資機関は、どのように投資方針と投資手法を改善すればよいのでしょうか?