abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English, العربيّة, Deutsch, español, français, Русский, 简体中文

ブリーフィング

2022年3月9日

監視技術のエコシステムの舵を取る:投資機関のための人権デューディリジェンス指針

Shutterstock

サイバー監視(監視)技術は、私たちの社会を根本的に作り変えています。監視分野における一定の技術は、政府が適切に監督し説明責任を果たすことで、正当な法の執行や国家安全保障を確保する目的で活用できる一方、その多くは様々な体系的な人権侵害が生じる形で使用されています。これには、差別の助長、メディアに対する検閲の助長、個人のプライバシー権の侵害、拘束や強制労働の助長、人権擁護者に対する攻撃を可能にすることなどが含まれます。

監視技術のエコシステムで活動または投資している企業の株主として、投資機関は人権を促進し、ビジネスと人権に関する国連指導原則(UNGPs)を擁護する重要な役割を担っています。投資機関はまた、顧客に対する受託者責任を負っており、それは企業の長期的価値とパフォーマンスの主要な指標として、環境、社会、ガバナンス(ESG)基準を含めるように発展してきました。人権リスクは、企業とその投資家にとって、法的、風評的、財務的影響を伴う重大なリスクです。

本指針は、デジタル権利を訴える擁護者、人権デューディリジェンスを設計する専門家、投資機関の視点に基づき、あらゆる規模、業種、地域の投資機関が監視技術部門の舵を取れるよう支援することを目的としています。本指針には、以下が含まれています:

  • 監視技術がどのように個人やコミュニティに人権リスクをもたらすかの考察
  • 投資機関にとっての重要なリスクの説明
  • リスクの重大性を特定するための質問事項
  • 投資意思決定のためのフレームワーク

監視技術のエコシステムの舵を取る:投資機関のための人権デューディリジェンス指針

指針全文(英語)

監視技術のエコシステムの舵を取る:投資機関のための人権デューディリジェンス指針

指針概要(日本語)

さらに読む

テクノロジーと人権

テクノロジー(技術)は人権にとって強力なツールで、人口知能やブロックチェーンなどの新しい技術は、人権の促進と保護に大きく貢献する可能性があります。その一方、人工知能、自動化、ロボット工学の急速な発展による人権および将来の仕事への潜在的な影響について深刻な疑問が浮上しています。

テクノロジー企業ダッシュボード

ビジネスと人権リソースセンターは、労働者、人権擁護者、投資機関などが人権に関する企業行動の情報に簡単にアクセスできるよう、世界のテクノロジー企業40社の「ダッシュボード」ページを新たに作成しました。

ペガサス・プロジェクト

2021年7月、ペガサス・プロジェクトは、監視技術企業であるNSOグループのデータに関連する調査の詳細を公開し始めました。NSOのハッキングソフトが、人権擁護者、ジャーナリスト、弁護士などを標的に、政府によって広範囲に濫用されていることが明らかになりました。