abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

ストーリー

インドネシア&韓国:パーム油大手コリンド社がサステナビリティ認証を失う 環境破壊と権利侵害の疑い

森林管理協議会(Forest Stewardship Council、FSC)は、インドネシアの遠隔地パプア州にあるアジア最大の熱帯雨林での環境被害や地域コミュニティに対する権利侵害の疑惑を受けて、コリンド社のFSCとの商標ライセンスを2021年10月から終了することを発表した。韓国のパーム油大手に対する疑惑について、FSCが2018年に作成した報告書は、同社からの法的な脅しの中で公表されなかったとされているが、コリンド社のパーム油事業がFSCの規定に違反して3万ヘクタールの高保護林を破壊したという「合理的な疑いを超える証拠」があり、同社は 「確率的に見て......自らの利益のために伝統的権利や人権の侵害を支持している」としている。コリンドグループは、火災の発生や人権侵害への関与を強く否定し、法律を遵守しており、影響を受けた部族に公正な補償を行ったと主張している。コリンドグループのチーフ・サステナビリティー・オフィサーは、声明の中で「FSCの決定に非常にショックを受けた」と述べ、早急にサステナビリティー認証を再申請する計画を発表した。

Story Timeline