abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

企業の回答

16 8月 2021

著者:
Mizuho Financial Group

みずほフィナンシャルグループの回答

守秘義務の観点から、個別案件に対するご質問については、取引の有無や対応方針を含めて、ご回答 をすることができませんが、〈みずほ〉は、環境・社会に配慮した投融資の取組方針に基づき、認識すべき リスクを踏まえて、リスクの低減・回避に向けたお客さまの対応状況を確認した上で、投融資等の取引判 断を行っております。

具体的には、以下となります。

<石油・ガスセクターの取組方針(概要)>

  •  石油・ガス採掘やパイプライン敷設は、石油・ガス流出事故による海洋・河川の汚染ならびに先住 民族の人権侵害等、環境・社会に負の影響を及ぼしうるリスクを認識しており、投融資等を行う際 には、環境に及ぼす影響および先住民族や地域社会とのトラブルの有無等に十分に注意を払い取 引判断を行います。
  •  また石油・ガス等の化石燃料は、温室効果ガスの排出につながることから、気候変動に伴う移行リ スクへの対応等をお客さまとのエンゲージメントを通じて確認していきます。
  •  特に、北極圏(北緯66 度33 分以北の地域)は、希少生物の保護や先住民族の生活に配 慮が必要な地域であること、また、オイルサンド、シェールオイル・ガスは、開発時の環境負荷が大き く、先住民族の人権侵害等のリスクがあることを認識しています。そのため、北極圏での石油・ガス採 掘事業、オイルサンド、シェールオイル・ガス事業を資金使途とする投融資等を行う場合は、適切な 環境・社会リスク評価を実施します。

また、各ステークホルダーからの要請に対しては、社内の関係者で共有したうえで、同方針に基づき、環 境・社会リスクの観点から、必要な確認と対応を実施しております。

〈みずほ〉の「環境・社会に配慮した投融資の取組方針」や改定内容は、以下ウェブサイトをご覧下さい。
(環境・社会に配慮した投融資の取組方針の概要)
https://www.mizuho- fg.co.jp/csr/business/investment/pdf/environment_20210601.pdf(日本語) https://www.mizuhogroup.com/binaries/content/assets/pdf/mizuhoglobal/sustain ability/business-activities/investment/environment_202106.pdf(英語)
(改定内容)
https://www.mizuho-fg.co.jp/release/20210513release_jp.html (日本語) https://www.mizuhogroup.com/news/2021/05/strengthening-our-sustainability- action.html(英語)

Story Timeline