abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

記事

オランダ:石油大手のシェル、CO2に関する判決を不服として控訴へ

ロイヤル・ダッチ・シェル社は、同社に二酸化炭素の排出量をより早く削減するよう求めたオランダの裁判所の画期的な判決を不服として上訴することを決定した。

ハーグの裁判所は、フレンズ・オブ・ジ・アースと17,000人以上の共同提訴者が、シェル社は何十年も前からCO2排出による危険な結果を認識しており、同社の気候目標は十分ではないと判断し、今年5月に画期的な判決を下した。

シェル社のベン・ファン・バーデン最高経営責任者(CEO)は、CO2の排出量を削減するために「緊急の行動が必要」であることに同意すると述べ、ネット・ゼロ・カーボン・カンパニーを目指して前進を加速させることを誓った一方で、「一企業に対する裁判所の判決は効果的ではないため」、シェル社は判決を不服として控訴すると述べた。

また、「必要なのは、エネルギーシステム全体の根本的な変化を促す、明確で野心的な政策である」と述べた。「気候変動は、早急な行動と、グローバルで協力的な、すべての関係者の協調を促すアプローチの両方を必要とする課題である」と述べている。

オランダの「地球の友」(Milieudefensie)は、この訴えは「誤った信号」を送ることになり、世界的な気候危機への取り組みに対するシェルの「コミットメントの欠如」を確認することになると述べた。

裁判所は、シェル社はオランダの国内法と欧州人権条約(生命に対する権利および家族生活の尊重を受ける権利)に基づき、2030年までにCO2排出量を2019年比で45%削減する義務があるとし、同社はCO2排出による被害について「長い間」知っていたと判断した。

Story Timeline