abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

ビジネスと人権に関する条約第3改訂草案(2021年)概要

本資料は、2021年8月に発表されたビジネスと人権に関する条約の第3改訂草案を非公式に要約したものです。

これは、2021年8月17日に発表された、国際人権法において多国籍企業及びその他の事業者の活動を規制するための法的拘束力のある文書(以下、条約)の第3次改訂草案の非公式な要約です。本要約では、第1章及び第2章に規定されている条約の実質的な条項に焦点を当てています。[1] 条約案に関する追加情報や分析については、ビジネスと人権リソースセンターのビジネスと人権に関する条約ポータルサイトをご覧ください。

第1章

定義(第1条)

  • 「被害者」とは、国籍や居住地を問わず、事業活動に関連して個人的または集団的に人権侵害となるような被害を受けたすべての人または集団をいう。「被害者」には、直接の被害者の近親者や扶養家族も含まれることがある(第1条1項)。
  • 「人権侵害」とは、事業活動に関連して、安全で清潔で健康的かつ持続可能な環境に対する権利を含む、国際的に認められた人権及び基本的自由の完全な享受を妨げる作為もしくは不作為を通じた、個人または集団に対する直接的または間接的な危害のことである(第1条2項)。
  • 「事業活動」とは、国有企業、金融機関及び投資ファンド、多国籍企業、その他の事業会社、合弁事業、その他の事業関係を含む、自然人または法人が行うあらゆる経済活動またはその他の活動をいう(第1条3項)。
  • 「事業関係」とは、国有企業と非国有企業を含む自然人または法人が事業活動を行うための関係を指し、関連会社、子会社、代理人、サプライヤー、パートナーシップ、合弁事業、受益的所有権、または国内法で規定されたその他の構造や関係を通じて行われる活動を含み、電子的手段で行われる活動を含む。
  • 「多国籍な性格を有する事業活動」とは、複数の法域または国で行われる事業活動(第1条3項に記載)で、その活動の重要な部分が他の国または法域の取引関係を通じて行われるもの、または他の国または法域で重要な影響を及ぼすものをいう(第1条4項)。

目的(第2条)

この条約の目的は、事業活動、特に多国籍な性格を有する事業活動において、人権を尊重し、保護し、充足し、促進するという国家の義務の効果的な実施を明確にし、促進すること、事業者の人権義務の尊重と充足を明確にし、確保すること;監視及び強制力のある効果的なメカニズムによって、人権侵害の発生を防止及び軽減すること;人権侵害の被害者のために、司法へのアクセス及び効果的、適切かつタイムリーな救済を確保すること;相互の法的支援と国際協力を促進・強化すること;このような侵害の被害者に司法へのアクセスと効果的で適切かつタイムリーな救済を提供することにある。

適用範囲(第3条)

この条約は、国内及び国境を越えたすべての事業活動に適用され、この条約の締約国(以下、国家)を拘束する、国際的に認められたすべての人権及び基本的自由を対象とする。

第2章

被害者の権利(第4条

「事業活動に伴う人権侵害の被害者は、国際的に認められたすべての人権及び基本的自由を享受する。」 (第4条1項)

第4条2項では、被害者が「人道的にかつその尊厳」、安全性、身体的・心理的な幸福、さらにはプライバシーや市民の自由を尊重して、取り扱われる権利を明示的に確認している。また、同項は司法、補償、効果的な救済への(ジェンダーに配慮した)アクセスの権利、及び裁判所や非司法的な苦情処理メカニズム(集団訴訟を含む)に申し立てを行う権利を保証する。さらに、同項は被害者の「いかなる手続きの前、間、後において、プライバシーに対する不法な干渉、脅迫、報復から保護される」権利と、効果的な救済を求めるために必要な情報や法的支援にアクセスする権利を確認している。

被害者の保護(第5条)

「締約国は、被害者、その代理人、家族及び証人を、効果的、迅速かつ適切な救済を求めるために手続の前、間及び後を含め、その人権及び基本的自由に対するいかなる不法な干渉からも保護しなければならず、また、これらの手続の過程における再被害からも保護しなければならない。」

さらに、国家は、人権擁護者がいかなる脅威、脅迫、暴力、不安からも解放され、安全で活動可能な環境を保証するための適切かつ効果的な措置を講じ、人権侵害を調査し、それらの侵害に責任を有する者に対して行動を起こすことが求められている。

防止(第6条)

第6条1項では、国家は、国境を越えた活動を行う企業を含め、自国の管轄域内にある企業、または自国の管理下にある企業のすべての事業活動を効果的に規制することを求めている。また、国は、企業が国際的に認められた人権を尊重し、その事業活動及び事業関係において人権侵害を防止及び緩和することを確保するために、適切な法的及び政策的措置を講じなければならない(第6条2項)。そのために、国家は企業に対し、以下のような人権デューディリジェンス(HRDD)の実施を求めなければならない。

  • いかなる実際のもしくは潜在的な人権侵害を特定し、評価し、公表すること。
  • 特定された実際のもしくは潜在的な人権侵害を回避、防止、軽減するための適切な措置を講じ、企業が原因または加担している場合は、事業関係を通じて直接関連している人権侵害を防止または軽減するための合理的かつ適切な措置を講じること。
  • 人権侵害を防止、軽減するための措置の有効性を監視する。
  • 企業の対策と方針をステークホルダーに伝達すること。

第6条4項によると、HRDD対策には以下が含まれなければならない。(a)人権、労働権、環境及び気候変動の影響評価、(b)ジェンダー視点の統合、(c)影響を受ける個人やコミュニティ、その他の関連するステークホルダーと、「女性、子ども、障害者、先住民、アフリカ系住民、高齢者、移民、難民、国内避難民、占領下や紛争地域で保護されている人々など、ビジネスに関連する人権侵害のリスクが高まっている人々に特別な注意を払いながら、」有意義な協議を実施すること、(d)先住民の自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意、(g)占領下を含む紛争影響地域での人権侵害を防止するためのデューデリジェンス措置の強化。

また、国家は、これらの義務の遵守を確保するための効果的な国内手続きを確保し、上記の規定を遵守しない企業に対する適切な罰則を規定しなければならない(第6条6項)。

救済措置へのアクセス(第7条)

第7条1項では、国家は、被害者が適切でタイムリーかつ効果的な救済措置及び司法へのアクセスを可能にし、女性、脆弱な人々、周縁化された人々及び集団がそのようなメカニズム及び救済措置にアクセスする際に直面する特定の障害を克服するようにしなければならない。また、国内法が情報へのアクセスを容易にし、適切な事案における裁判所の訴訟手続きを可能にし、「国際法及び国内の憲法に合致する場合には、被害者が救済を受ける権利を実現するために、適切な事案において裁判官が立証責任の転換を可能にする法律を制定または修正しなければならない」としている。

第7条3項によると、国家は、法的手続きを通じて、以下のような適切かつ効果的な法的支援を被害者に提供しなければならない。(a) 被害者の権利と申し立ての状況に関する情報を被害者が入手できるようにし、アクセスできるようにすること、(b) 手続きのすべての段階で被害者の意見を聞く権利を保証すること、(c) 申し立てを行うための不必要な費用や遅延を回避すること、(d) 「国境を越えた性格の事業活動に起因する人権侵害の適切な事案において、他の締約国の裁判所で手続きを開始するための不便宜法廷の法理を含む法的障害を取り除くこと。」

法的責任(第8条)

第8条1項は、国家に対し、「国内法が、国境を越えた性格のものを含む自らの事業活動、またはその事業関係から生じる可能性のある人権侵害について、自国の領土管轄域内で、または自国の管理下で事業活動を行う法人及び自然人の法的責任について、包括的かつ適切な制度を規定することを確保する」ことを求めている。

国家は、自国の国内法が以下の事項を規定または確立していることを確認しなければならない:

  • 個人の責任を害することなく企業が責任を負うこと、及び民事責任を同じ行為に対する刑事責任またはそれに相当する責任の認定を条件としないこと(第8条2項)。
  • 人権侵害に対する効果的、比例的、かつ説得力のある刑事、民事、行政上の制裁(第8条3項)、人権侵害の被害者に対する適切で、迅速で、効果的で、ジェンダーと年齢に応じた補償(第8条4項)。
  • 企業や個人が、事業関係にあった他の企業や個人が人権侵害を引き起こしたり、助長したりすることを防止できなかった場合の責任については、「前者が人権侵害を引き起こしたり、助長したりした人物や関連活動を管理、運営、監督している場合、あるいは人権侵害のリスクを予見すべきであったにもかかわらず、侵害を防止するための適切な措置を講じなかった場合」としている(第8条6項)。
  • 国際人権法、国際慣習法または国内法に基づく刑事犯罪に相当する人権侵害に対する企業の刑事責任または機能的に同等の責任(第8条7項)及び刑事犯罪の未遂、参加または共謀を構成する作為もしくは不作為に対する刑事責任(第8条10項)。

第8条7項 では、人権デューディリジェンスは、「事業活動を行う法人または自然人が、人権侵害を引き起こしたり、それに加担したり、そのような侵害を防止できなかったことに対する責任を自動的に免除するものではない」と規定している。

審理管轄権(第9条)

第9条1項に基づき、被害者が提起した申し立てに対する管轄権は、その国籍や居住地にかかわらず、人権侵害が発生した国及び/またはその影響が生じた国、人権侵害を助長する作為もしくは不作為が発生した国、侵害が行われた国、加害者が居住する国、または被害者が国籍を有しているか居住している国の裁判所に帰属する。

裁判所は、手続きを開始するために、不便宜法廷の法理を含むいかなる法的障害も課さないようにしなければならない(第9条3項)。裁判地国の領域に住所を定めない企業又は個人に対して申し立てがなされた事案において、申し立てが裁判地国の領域に住所を定める法人または自然人に対する請求と関連している場合(第9条4項)、または公正な司法手続を保証する他の効果的な裁判地が利用できず、かつ当該国との関連性がある場合(第9条5項)、裁判所は管轄権を有する。

消滅時効(第10条)

第10条1項は、国際社会全体の関心事である最も重大な犯罪を構成する国際法の違反に起因する人権侵害に関連する法的手続きの開始に、法定またはその他の時効が適用されないようにするために必要なあらゆる立法またはその他の措置を講じるようを国家に求めている。

国際社会全体の関心事である最も重大な犯罪を構成しない民事上の申し立てまたは侵害については、国家は、法的またはその他の適用可能な時効により、法的手続の開始に合理的な期間が与えられるようにしなければならない(特に、人権侵害が他国で発生した場合や、長期間の経過により初めて被害が特定できる場合)(第10条2項)。

準拠法(第11条)

手続の問題は、事案を担当する裁判所の法律に準拠する。被害者の要請によって、作為もしくは不作為が発生しまたは影響を生じさせた国、または加害者とされる者が住所を定める他国の法律に準拠することができる(第11条2項)。

相互の法的支援及び国際司法協力(第12条)

国家は、相互の法的支援及び国際的な司法協力を可能な限り最大限に利用できるようにする。国家は、この条約の締約国でない国に対し、相互の法的支援及び国際的な司法協力を行うよう要請することができる。これには、捜査、起訴、司法及びその他の刑事、民事または行政手続の開始及び遂行(情報へのアクセス及びすべての関連証拠の提供を含む)が含まれる。

国際協力(第13条)

国家は、この条約において認められる義務の履行及び目的の達成を可能にするために、誠実に協力しなければならない。国家は、国際協力の重要性を認識し、この点において、国家間、並びに関連する国際的及び地域的な組織及び市民社会との連携の下に、適切かつ効果的な措置を講ずる。

国際法の原則及び文書との一貫性(第14条)

国家は、この条約に基づく義務を、国家の主権平等および領土保全の原則と一貫し、これらを完全に尊重した方法で遂行しなければならない。この条約のいかなる規定も、事業活動における人権の尊重、保護、充足および促進、ならびに被害者の司法および効果的な救済へのアクセスを保証することについて、より資する法的規定に影響を与えるものではない。

第3章

第15条から第24条までに規定されている、制度的取り決め、実施、議定書との関係、紛争解決、署名、批准、受諾、承認、加盟、発効に関する条項の詳細については、第3次改訂草案の全文をご参照ください。

[1] 国連人権理事会のオープンエンド政府間作業部会(IGWG)が発表した条約案の全文は、こちらからご覧いただけます。