abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphLinkedInlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English

訴訟データベース

271

ポータルで追跡されている全 訴訟

データベースを探索

訴訟を検索

データベースから得られた知見(2020年12月)

2020年12月、私たちはこれまでにプロファイリングした全訴訟を収載した「訴訟データベース」を公開しました。これらの訴訟は、人権侵害の法的責任を問うために企業に対して提起された膨大な訴訟のごく一部です。訴訟の選択は、申し立てられた人権侵害の明白性、訴訟戦略の有効性と性質、および判例形成の可能性など複数の要因に基づいて行われました。

本データベースから、企業による人権侵害に関する訴訟の世界的な傾向を垣間見ることができます。ここでは本データベースから読み取れる情報を簡潔にご紹介しましょう。

200件超

人権侵害を理由に企業に対して提起

人権侵害の明白性と使用された訴訟戦略を基準に選ばれ、プロファイリングされた訴訟件数

45%

鉱業または石油・ガス会社に対して提起された訴訟割合

本データベースで最も訴訟件数が多かったのが採掘業であった

10件中8件

労働者または影響を受けた地域住民による提訴の割合

先住民族や少数民族を含む

2件に1件

人権侵害が起きた国とは異なる国での提訴割合

約半数が正当な判決を受けるために国境を越えた訴訟を利用。

さらに読む

手法

私たちのデータベースが取得する情報を理解するために、方法論をお読みください。

企業の法的責任ポータル

企業の法的責任に関するグローバルリソースハブは、人権問題に取り組むアクターが企業による人権侵害の責任を追及するための情報や分析およびツールを提供します。

リーガルアップデートに登録

データベースに登録された訴訟の最新情報を定期的に受け取ることができます。

データのダウンロード