abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English, Deutsch,

記事

2022年5月6日

著者:
Philip Oltermann, The Guardian,
著者:
Manuel Daubenberger & Florian Guckelsberger, NDR

ドイツ: 強制労働の疑いでサプライチェーンの見直しを約束したにもかかわらず、アディダス、ヒューゴ・ボス、プーマ製品で新疆綿があることが調査で明らかに

[ Xinjiang cotton found in Adidas, Puma and Hugo Boss tops, researchers say ] 2022年5月5日

[ 英文和訳:ビジネスと人権リソースセンター]

研究者によると、アディダス、プーマ、ヒューゴ・ボスのシャツやTシャツから新疆綿が検出された。これは、中国での強制労働の疑惑を受けたドイツのアパレル企業がサプライチェーンを見直すと約束したことと矛盾している。

最近の報告では、ウイグル族をはじめとする少数民族50万人以上が、中国の綿花生産の80%以上、世界の綿花生産の5分の1を供給する新疆ウイグル自治区での綿花の採取を強要されていることが指摘されている。

米国は昨年、中国北西部の同自治区から綿花の輸入を禁止した。この措置は欧州議会でも議論されたが、欧州委員会では制定に至らなかった。それでも、欧米の大手衣料品ブランドやファッションブランド数社は、今回の発覚を受けて、新疆綿を今後使用しないことを約束した。

ヒューゴ・ボスは2021年10月の時点で、同社の新しいコレクションは「我々のグローバル基準に沿って再検証された」とし、「強制労働を容認しない」と述べた。プーマは2020年に「新疆のメーカーとは直接・間接の取引関係はない」と言及した。アディダスは同年、新疆のサプライヤーと契約関係はないが、人権侵害に関する報道を受けて、同地域からの糸を調達しないよう生地サプライヤーに指示したことを発表した。

一方で、ドイツ西部のユーリッヒにある研究機関Agroisolabとニーダーライン応用科学大学の研究チームは、同位体分析を行った結果、プーマとアディダスのTシャツ、ヒューゴ・ボスとドイツのアウトドアウェアブランド、ジャック・ウルフスキンのシャツ、ファッション会社トムテイラーのプルオーバーから新疆綿が検出されたと発表している。

AgroisolabのMarkus Boner氏は、ドイツの公共放送局NDRの調査番組STRG_Fで、「綿花の同位体の指紋は識別しやすく、他国はもちろん中国国内の他の地域から調達した綿花とさえ区別することができる」と述べた。[...]

[...]上記5社のドイツの衣料品メーカーは、新聞社ガーディアン(The Guardian)から調査結果に対する回答を求められており、STRG_Fはそれを各社と共有すると述べている。

プーマの広報担当者はガーディアンに対し、「プーマが新疆ウイグル自治区からの綿花を一切調達していないことを、再確認した上で強く主張する。また、新疆ウイグル自治区の綿花供給業者とは、直接・間接を問わず、いかなる関係もないことを繰り返し主張する」「調査を通じて得たすべての情報と、我々がサプライチェーンに導入しているトレーサビリティ管理に基づいて、同社は新疆地域から綿花を調達していないと確信している」と述べた。

アディダスの広報担当者は、「綿花を他国から独占的に調達しており、サプライチェーンにおける公正かつ安全な労働条件を確保するためにさまざまな措置を講じている」と述べた。

STRG_Fの研究者がヒューゴ・ボスに対して、公表に先立ち自社製品に新疆綿が使われている可能性がないと断定できるかと尋ねたところ、同社はサプライチェーンにおける強制労働を容認していないと答えた。

ジャック・ウルフスキンは、サプライチェーンにおける新疆綿の使用に関する質問には直接回答しなかったが、同社の綿花は認証を受けている主張した。トムテイラーは、番組からの問い合わせに応じなかった。[...]