abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

記事

31 10月 2021

著者:
Earthworks, First Peoples Worldwide, Amnesty International, Business & Human Rights Resource Centre, Human Rights Watch & others

144の団体が採鉱の移行に人権&環境への影響を中心に置くようCOP26の参加者に求める

[Declaration on Mining and the Energy Transition for COP26] 2021年10月28日

[ 英文和訳:ビジネスと人権リソースセンター ]

我々[141の]署名団体は、化石燃料からの再生可能なエネルギーシステムへの公正で迅速な移行を支持する。我々は、再生可能エネルギー技術のためのリチウム、コバルト、ニッケル、銅などの鉱物を採掘することによる、コミュニティー、労働者や世界の生態系への影響を憂慮している。[...]金属の採掘は、最も汚染された産業の一つであり、人為的な温室効果ガスの排出の少なくとも10%を占めている。採鉱は環境破壊、淡水汚染や枯渇、人権侵害、強制移動、生計の喪失、暴力的な紛争、安全ではない労働環境、不法な金融フローと関連している。[...]コバルト、リチウムやニッケルなど、バッテリーに必要な鉱物を含めた採掘は、先住民の人々に不均衡な害を生じさせている。[...]我々の移行は、以下を通して、再生可能エネルギーの資源が公正で公平で、無責任な採鉱からの同時移行を伴ってなければならない:[...]合意を保留する権利も含め、自由で事前の情報に基づく合意に対する権利を優先することを通して、先住民や第一線のコミュニティーの人権を中心に置くこと;[...]影響の少ない循環型経済ソリューションを優先すること[...];法的拘束力のある規制を通して既存の採掘事業の責任ある鉱物調達を確保すること[...];単に技術的ではなく、使い捨ての消費や自家用車からの脱却を目指した変革的な解決策を実施すること[...]。我々は、COP26の参加者に対して、責任ある移行鉱物の調達について拘束力のあるコミットメントを作成するよう求める。我々は、企業、金融機関、投資家、政府に対して、これらの措置の実施をもって公正で、公平なエネルギー移行を確保するよう求める。また、清潔なエネルギーの支持者や気候正義の連合が、気候変動プラットフォームにおいて、我々の要求に共鳴することを求める。

Story Timeline