Hide Message

Updating the Resource Centre Digital Platform

The Business & Human Rights Resource Centre is at a critical point in its development. Our digital platform is home to a wealth of information on business and human rights, but hasn’t had a visual refresh for a number of years.

We will soon be updating the site to improve its usability and better serve the thousands of people that use our site to support their work.

Please take an advance peek at our new look, and let us know what you think!

Thank you,
Alex Guy, Digital Officer

Find Out More Hide Message

Japan: Former employees allege power harassment against UPLINK president

In June 2020, former employees of the Japanese film company UPLINK filed a lawsuit against its president, Asai Takashi. The plaintiffs allege that Asai perpetrated power harassment--a form of workplace abuse in which someone in a position of greater power uses that power to harass or bully a lower-ranking person. The case comes in the heels of the Anti-Power Harassment Law, which went into effect on June 1, 2020. Under the new regulation, Japanese employers are required to take action to combat workplace harassment, including sexual harassment and power harassment.  

Get RSS feed of these results

All components of this story

Article
+ 日本語 - Hide

Author: 浅井隆、アップリンク

元従業員からの訴訟について」2020年6月16日

元従業員の方々から訴訟を提起されたことに関して、真摯に受け止めております。不適切な言動があったことを深く反省し、謝罪致します。本件の解決に向けて、誠意をもって対応をして参ります。

社としてもハラスメントの再発防止に努めていく所存です。

改めて詳細なコメントを発表します。少々お時間をいただけますようお願い申し上げます。

2020年6月16日
有限会社アップリンク
取締役社長 浅井隆

Read the full post here

Item
+ 日本語 - Hide

Author: 浅井隆、アップリンク

まずは、今回提訴した元従業員5名の方、そして、そのほかの元従業員、現在勤務している従業員の皆さんに対して、私のこれまでの言動に過ちがあったことを認め、傷つけたことを深く謝罪致します…

…また、従業員への態度に対しても、これまでにスタッフから何度も「これはハラスメントである」という指摘を受け、是正するよう言われてきました。そのたびに理解したつもりになっていましたが、理解できていませんでした。

 

…一番の自分自身の問題は、スタッフに対して人としての尊厳を傷つけていることに自覚がなかったことです。よい仕事をするには注意して直していくことが必要なのだ、その注意は、理不尽ではないと思っていました。力によって仕事をやらせようとする行為、それこそがパワー・ハラスメントであるという認識が欠けていました。自分自身のマネージメント能力の低さに他なりません。

その上で、今後の自分自身、会社をどう変えていくかについて、次のように考えています。

1)外部委員会の設置
社外の専門機関に、現在の社内の課題に関して調査を依頼します。徹底的に調査し現状を把握し、問題がある部分を改善し、コンプライアンスの徹底を致します。

2)通報制度・窓口の設置
今後のハラスメント防止対策として外部への通報制度の整備を行います。

3)社内体制の改革・スタッフとの定期的な協議
社内の組織体制整備、とくにマネージメントの体制を整えます。また、スタッフとの定期的な協議を行います。

4)取締役会の設置
現在、有限会社アップリンクの取締役は自分1名ですが、今後は、社内外含め複数の取締役で運営を行うべく準備中です。

5)セミナー、カウンセリングへの参加
叱責、暴言などは、感情のコントロールがきかないことも要因だと思います。アンガーマネジメントなどのカウンセリングを受け、自身の問題解決に臨みます。また、私自身はもちろん、上司となる立場のスタッフにも研修を受けてもらい、徹底的なハラスメント撲滅に取り組みます…

Read the full post here

Item
15 July 2020

Japan: Former UPLINK employees file lawsuit against president alleging power harassment

Author: UPLINK Workers' Voices Against Harassment

[Excerpt translation from Japanese to English provided by Business & Human Rights Resource Centre.]

“Statement”, June 2020

We, the former employees of the film company UPLINK, have decided to file a lawsuit against the firm’s president, Asai Takashi, for power harassment.

Asai would yell at employees in front of other workers and visitors without reason. He would threaten employees, saying, “Why can’t you listen to what the president is telling you?” He would also denigrate his employees by saying,“You are a disease.” When workers would ask for improvements in the workplace, he would attempt to coerce their resignation, saying, “There’s no room for discussion. You can either stay or leave the company.”

Asai’s power harassment has occurred daily over a long period of time. His behavior is clearly inconsistent with Uplink’s policy of “fighting against homogenization in the world.”  

...Even though employees would recognize and point out these workplace abuses, they were dismissed...As a result, we were often forced to remain silent on these issues...

...We were unable to feel secure in an environment where abuses were tolerated, and even going to work led to enormous stress...

...With the start of this lawsuit, we have also established a victim’s group for former UPLINK employees...

Read the full post here

Item
+ 日本語 - Hide

Author: UPLINK Workers' Voices Against Harassment

「声明文」2020年6月

この度、映画会社アップリンクの元従業員である私たちは、代表である浅井隆氏によるパワーハラスメントを裁判で訴える運びとなりました。

他の従業員や来場者の面前で理不尽な理由で怒鳴る、「社長の言うことが聞けないのか」等と恫喝する、「おまえは病気である」等の人格を否定した発言をする、時に改善を要望しても「議論する余地はない。会社に残るか去るか」等 と半ば強引に退職を促す。

こういった浅井氏によるパワーハラスメントが、長期に渡り日常的に行われてきました。これらの行為は「世界を均質化する力に抗う」というアップリンクが掲げるポリシーとは著しく乖離するものです。

…社内でその暴力に気が付き指摘する人がいても、上映・配給作品の社会的意義や「やりがい」といった言葉に回収されて、沈黙を強いられる場面が度々ありました…

…暴力が黙認されてしまう環境では安心が得られず、出勤する事さえも大きなストレスとなっていました…

この裁判を始めるに伴い、アップリンクの元従業員を対象にした「被害者の会」を立ち上げました…

Read the full post here