Japan: Need to ensure better representation of women in managerial positions

Get RSS feed of these results

All components of this story

Article
27 July 2014

Japan: In 2013 only 7.5% of managers in the private sector were women

[English summary of original Japanese article, provided by Business & Human Rights Resource Centre].  11 years ago, the Japanese government announced a goal of 30% female representation in managerial positions. The reality remains far behind: as of last year, 7.5% of managers in the private sector were women, and only 3% of the civil service. At the heart of the problem is the culture of working long hours, for both men and women. Itochu Corporation has introduced a new working hours framework, prohibiting working beyond 20.00 and paying overtime for hours worked early in the morning. The change resulted in a total reduction of 3,350 hours per month worked by the company’s over 2600 staff. Staff also report that they are able to spend more time with their family and feel less inhibited from taking holidays.

Read the full post here

Article
24 July 2014

日本:女性の活躍企業にもプラスになる 東京新聞社説

政府は、二〇二〇年までに管理職や研究者など指導的地位に占める女性の割合を30%にする目標を掲げる。女性の活躍の数値目標だが、掲げて既に十一年がたつ。目新しいものではないが、実態は昨年時点で国家公務員が3%ほど、民間でも7・5%だ。成長戦略では、国や自治体、民間にも目標設定やその達成に向けた自主行動計画の策定を求めた。これを推進するための新法をつくるという。企業に対しては有価証券報告書に女性役員比率の記載を義務付ける。これらに学童保育整備を合わせて促進策とした。人材登用状況や目標を外部に公開させ取り組みを加速させようとの狙いは分かるが、性別でなく人物本位で選ぶべきなのは当然だ。優秀な女性人材を育てるには多くの女性が活躍できるよう働き方の見直しが不可欠である。…

伊藤忠商事は「朝型勤務」を導入した。午後八時以降の勤務を原則禁止、その代わり始業前の賃金を割り増し早朝勤務を促した。組織で取り組むことで業務の無駄を洗い出し改善につながった。仕事の効率が上がり総合職で勤務時間が月四時間減った。社員約二千六百人の残業時間を月延べ三千三百五十時間減らせた。男女ともに「家族と過ごす時間が増え、休暇も取りやすくなった」。「女性社員からは出産などのライフイベントがあっても辞めずに済むと好評」と担当者は説明する。

 

Read the full post here

Article
+ 日本語 - Hide

Author: 東京新聞 社説

政府は、二〇二〇年までに管理職や研究者など指導的地位に占める女性の割合を30%にする目標を掲げる。女性の活躍の数値目標だが、掲げて既に十一 年がたつ。目新しいものではないが、実態は昨年時点で国家公務員が3%ほど、民間でも7・5%だ。成長戦略では、国や自治体、民間にも目標設定やその達成 に向けた自主行動計画の策定を求めた。これを推進するための新法をつくるという。企業に対しては有価証券報告書に女性役員比率の記載を義務付ける。これら に学童保育整備を合わせて促進策とした。人材登用状況や目標を外部に公開させ取り組みを加速させようとの狙いは分かるが、性別でなく人物本位で選ぶべきな のは当然だ。優秀な女性人材を育てるには多くの女性が活躍できるよう働き方の見直しが不可欠である。…

伊藤忠商事は「朝型勤務」を導入し た。午後八時以降の勤務を原則禁止、その代わり始業前の賃金を割り増し早朝勤務を促した。組織で取り組むことで業務の無駄を洗い出し改善につながった。仕 事の効率が上がり総合職で勤務時間が月四時間減った。社員約二千六百人の残業時間を月延べ三千三百五十時間減らせた。男女ともに「家族と過ごす時間が増 え、休暇も取りやすくなった」。「女性社員からは出産などのライフイベントがあっても辞めずに済むと好評」と担当者は説明する。

 

🚫Read the full post here