Japan: Sharp suppliers fire 2,900 foreign workers

2,900 foreign workers who had been working in a Sharp factory in Mie prefecture, Japan, have been fired, according to a labour union representing the workers. The workers were employed by third tier suppliers. A representative of one supplier stated to a newspaper that Sharp had reduced orders to the point where there was no choice. It does not appear that any Japanese nationals were fired. A representative of Sharp refused to comment, stating that the fired workers were not Sharp employees. 

The government has recently rammed a bill through the lower house that would expand dramatically the country’s intake of foreign labour. Concerns remain high that foreign workers will be subject to exploitation, like many of the workers in the country as ‘trainees’ under the Technical Trainee Internship Programme.

Get RSS feed of these results

All components of this story

Article
+ 日本語 - Hide

Author: 東京新聞

シャープ亀山工場(三重県亀山市)で日系外国人労働者の雇い止めが相次いでいた問題で、雇い止めにあった外国人労働者の一部が加入する労働組合「ユニオンみえ」(津市)は三日、東京都内で記者会見し、雇い止めの規模が約二千九百人に上るとの見方を示した。

Read the full post here

Article
+ 日本語 - Hide

Author: 東京新聞

シャープの亀山工場(三重県亀山市)で働いていた日系外国人作業員のうち千人が、今年に入り集中的に雇い止めされたことが三十日、シャープの三次下請け会社で雇用主の「トラストライン」(亀山市)への取材で分かった。ごく短期の契約更新が繰り返されてきたが、シャープ側の生産縮小の影響で更新されなかったとみられる。不安定な外国人労働者の実態が浮き彫りになった。…下請け会社に法令違反が相次いでいるとして支援する弁護士らが二十二日、三重労働局に告発状を提出した。労働組合「ユニオンみえ」には雇い止めされた外国人からの相談が相次ぎ、約四十人が加入した。神部紅(じんぶあかい)書記次長は「立場の弱い外国人を使い捨てている」と批判。三重労働局の担当者は「春ごろから相談が殺到した」と話している。

Read the full post here