abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

企業の回答

6 9月 2021

著者:
Marubeni

元チャワングミリール集落住民に関する要請書に対する丸紅の回答

[ 英文和訳:ビジネスと人権リソースセンター ]

  1. 丸紅の人権の尊重
    丸紅グループは、社是「正・新・和」の精神に則り、公正明朗な企業活動を通じ、経済・社会の発展、地球環境の保全に貢献しています。私たちは、自らのビジネス活動により影響を受けるすべての人々の人権を尊重し、その責任を果たすべく努力していくことが最重要であるという認識のもと、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、「丸紅グループ人権基本方針」を策定しました。
    https://www.marubeni.com/en/sustainability/social/human_rights
  2. 公開質問状への回答丸紅グループ人権基本方針に基づき、公開質問状に対し、以下の通り回答*しました。
    「丸紅は、MHPを通じ、各ステークホルダー(地元住民、地元NGO、関係当局)との協議を継続し、政府の指導の下、代替候補地を選定し、当該候補地の政府への返還を完了しており、元居住者への当該候補地の提供については、政府の指導の下、手続きが進められているものと理解しております。丸紅は、今後の進捗状況を引き続き注視していきます。」

*回答は日本語で行われました。上記は翻訳したものです。

Story Timeline