abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

コンテンツは以下の言語で利用可能です: English

ロシアのウクライナ侵攻

ロシアのウクライナ侵攻により、同地域で活動する企業とその人権責任にスポットライトが当たっています。金融機関、プラットフォーム企業、石油・ガス大手など一部の企業は公約を掲げていますが、市民社会や労働組合は民間人の人権を第一に考慮するよう求めています。

企業は、紛争の影響を受ける状況で事業を行う場合、人権を尊重にあたって難しい課題に直面します。ロシアは2月24日にウクライナで「軍事作戦」を開始し、国連総会はモスクワに対し「ウクライナ領土からすべての軍を無条件に撤退させる」よう呼びかけ非難しています。

この「侵略行為」と国際的な武力紛争が進行中であることを認識し、この地域で活動する企業や投資家、特にロシア国家とのつながりを持つ企業は、国際人道法の侵害に加担することを避けなければなりません。国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGPs)はガイダンスを示しており、重大な人権侵害のリスクが高まっていることにより、人権デューディリジェンスプロセスにおいて特別な手順を踏み、紛争に配慮したアプローチを採用する必要性を概説しています。紛争に配慮したアプローチとは、紛争の力学と関連するリスクを理解しようとすることを含め、紛争を効果的に防止、管理、対処することを強調するものです。

「企業は中立的な存在ではなく、その存在が影響を与えないわけではありません。たとえビジネスが紛争の側に立たなかったとしても、その事業の影響は必然的に紛争の力学に影響を与える。」
「多国籍企業、企業、人権及び紛争影響地域:強化された行動に向けて」国連作業部会(UN Working Group on Transnational Corporations, Business, human rights and conflict-affected regions: towards heightened action)

紛争の影響下における事業活動:グッド・プラクティスへの入門(英語)

責任ある企業はウクライナ情勢をどう評価すべきか?ジュネーブ安全保障セクターガバナンスセンターと赤十字国際委員会が開発した資料をもとに、紛争の影響を受ける状況で事業を行う企業のためのグッドプラクティス入門ガイドを提供します。

ウクライナ侵攻によるビジネスと人権への影響

ウクライナ侵攻後、他の国際紛争では見られない形で、ロシアでの事業活動が大きくクローズアップされています。これは、ロシア政府に対する厳しい経済制裁が主な原因ですが、企業の資金が、意図的であれ無意識であれ、抑圧的な体制に資金を供給していることを浮き彫りにしています。包括的な人権および環境デューディリジェンスプロセスを実施する責任は、これ以上ないほど明確です。

ウクライナ:侵略戦争における責任ある企業行動

ロシア(またはウクライナ)から撤退する企業にとって、その責任はこの決定で終わるものではありません。Phil BloomerとElla Skybenkoは、ウクライナにおけるロシアの現在の侵略行為に対応するだけでなく、より長期的なリスクを軽減するために企業が取るべき措置を示しています。

ロシアのウクライナ侵攻:人権デューディリジェンスに関する企業の声

ビジネスと人権リソースセンターは、ウクライナおよび/またはロシアで活動または投資している208の企業に対し、人権デューディリジェンスに関する質問への回答を求めました。その回答をご覧ください。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、ウクライナの人道的危機に対応するため、企業に連帯を呼びかけ

国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンは、ビジネス・コミュニティに行動を起こすよう呼びかけます。