abusesaffiliationarrow-downarrow-leftarrow-rightarrow-upattack-typeburgerchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-upClock iconclosedeletedevelopment-povertydiscriminationdollardownloademailenvironmentexternal-linkfacebookfiltergenderglobegroupshealthC4067174-3DD9-4B9E-AD64-284FDAAE6338@1xinformation-outlineinformationinstagraminvestment-trade-globalisationissueslabourlanguagesShapeCombined Shapeline, chart, up, arrow, graphlocationmap-pinminusnewsorganisationotheroverviewpluspreviewArtboard 185profilerefreshIconnewssearchsecurityPathStock downStock steadyStock uptagticktooltiptwitteruniversalityweb

The content is also available in the following languages: English

ストーリー

12 11月 2021

日本:私学教員ユニオンのメンバー2人が角川ドワンゴ学園に労働環境の改善を求めてストライキ;同学園の見解を含む

2021年10月7日、角川ドワンゴ学園の教員2名が、過重労働および劣悪な労働環境を訴え、ストライキの実施を発表した。角川ドワンゴ学園はN高など通信制高校を運用する大手の学園法人であり、ストライキを実施する教員が務めていたところでもある。

同教員らは私学教員ユニオンに所属している。このストライキでは、教員一名が担任として持つ生徒数を減らすことや賃金向上など、劣悪な労働環境を構成すると言われている様々な側面についての改善が求めている。同教員らは、この劣悪な環境により、多くの教員が学校を去ったと述べている。

角川ドワンゴ学園は2021年10月21日に声明を発表し、同教員らの主張内容を否定した。コメント全文は以下の通り。